2014年3月5日

#52回卒業旅行 に行ってきました!

来れない人も居たけれど、
このメンバーで旅行に行けて本当によかったなって思いました。



3月2日、3日で、第52回工大祭OBの一部で卒業旅行に行きました。
出発の5日前くらいから出欠を取って、3日前に人数が確定し、2日前に宿を取り、
って感じで出発前から結構ドタバタしてました。


飲み会の幹事は何度か経験があったけど、旅行の幹事は初めての経験でした。
12人という大人数で、さらに車で行ったってのもなかなか無いでしょう。
他の幹事さんたちもありがとうございました。散策ルート決めや長距離運転、お疲れ様でした。
僕個人の反省点は最後の方にまとめておきますね。


3月1日(出発日前日)
朝9時出発の予定で、寝坊するのが怖かったから先にまりもさんの家に行って一泊することに。
前夜祭みたいなノリで缶チューハイ1缶飲んだらすぐ寝てしまったっていう。


3月2日
(失礼だけども)予想外にみんな朝9時に集まって、ほぼ定刻で出発!
長旅の始まりです。

地図はこんな感じ 727km

何度かSAで休憩を取りつつ宮島SAへ。
途中の下松SAだったかで「れんこんソフトクリーム」とかあったり、
着いたSAでスクラッチやって旅費を当てようとしたり
色々しながら宮島SAに到着。

なっさんと合流してお昼ご飯を食べ、みろくの里へ行くために福山西ICへ。



この三世代テーマパークみろくの里が、なんと閉園時間が17時なのですが、
入園したのが15時55分。

「一時間しかない!!効率よく回っていくぞ!!」

と言いながら園内を走る男たち12人。

最初に海賊船が揺れるやつ(名前覚えてない)に乗って、
スリラーハウスに入って、
ジェットコースターに乗って、
ゴーカートに乗って、
スプラッシュマウンテンみたいな水のやつに乗って、
海賊船の1回転するバージョンみたいなやつに乗って、
空中ブランコに乗って、

閉園。なんとも密度の濃い1時間でした。
写真を撮る暇もほとんどなく、ツイッターとかやってる場合じゃない、みたいな。

 
 
人があまり写ってないから閑散としてるように見えるけど楽しかったよ

みろくの里から下道で旅館へ。
本当は竹原に行ってたまゆらの聖地巡礼をしようと思ってたんだけど、明日に延期。
今回は川端旅館さんに宿泊しました。朝食付きの1泊で4,500円!!安い!!

晩ご飯は川端旅館さんが一緒に経営してる酒処・お好み喫茶エデンで食べました。
お好み焼きを食べながら、キンキンに冷えたビールを飲み、
美味しいつまみを食べながら、竹原の地酒を飲み、
いやー、幸せですね本当に。

たけはら焼 と 地酒

宿泊客が僕らしか居ないからって言ってラストオーダーの時間を延ばしてもらったり、
お風呂に好きな時間に入れるようになったり、
朝ごはんの時間もズラしてもらったりと、
本当にいろいろと融通を効かしていただけました。ありがたいことです。

色々済んでから起きてる人だけで208部屋に集まって2次会みたいなこともしたり。
かよちんパワーでぷよクエで大成功を引き当てたり。
中2病でも恋がしたい2期の実況を始めて、OPで飽きたり。
なんだかんだやってお開きに。

2時くらいに寝ました。


3月3日
提督の朝は早い(午前7時半)。起床。
和風な朝ごはんをしっかり食べて、いざ竹原市へ。


アニメ作品「たまゆら」の舞台としても有名な竹原市
なーがさんの先導で聖地巡礼が始まりました。

実はアニメを見てない人がほとんどで「これ盛り上がるかな…」と少し不安になってたんですけど、
聖地とか以前に普通に町並みがきれいで、歩いてるだけで面白かったです。






お昼ご飯は「たまゆら」でも出てるほり川さんで食べました。

真・ほぼろ焼!!!

その後、念願の!!念願の大和ミュージアムへ!!!
夏の旅行の時は休館日だったという、なんとも残念な感じになってしまったわけだけど、
今度こそはちゃんと下調べしていきました。開いてます!!

いやあ、ここスゴイですね。
「2時間もあれば回り終わるんじゃね?」
とか計算していたんですけど、ここはしっかり見たら1日潰せる。間違いない。
第一次世界大戦期からの呉海軍工廠の歴史、第二次世界大戦とその中で生み出されてきた数々の軍艦、戦闘機、潜水艦、特攻兵器。
他にも遺留品の数々や手紙、特攻に参加する人の肉声など。
メインはたしかに戦艦大和のことなんだけど、他にも戦争について多岐にわたる展示がなされていました。

これは反対側にある海上自衛隊呉史料館

当初の予定だと次に宮島へ行くのだけど、時間が押してしまったので取りやめに。
晩ご飯を食べるためにいろいろ歩き回る。
最初「迷亭」というおでん屋さんへ行こうとしたのだけど、12人という人数の多さからダメに。
その後周辺の商店街をふらふら歩き、

「んん!!おいしいカレーの匂いがする!!」

と言いながら嗅ぎながら歩きながら店を発見!!
カレー屋さんに行くとみせかけて、その横の華みづきさんへ

とても良いお店でした

食いすぎて店のご飯が無くなるという事件を引き起こしてしまいましたが、
お店の人もとても優しくて、料理もすごく美味しくて、いいところでした。

その後、20時過ぎから帰路に…
スムーズに帰れるはずだった… のに…
事件1:Googleマップを見てて道を間違える
事件2:Googleマップのルートが当てにならない

なんとかして五日市ICから山陽道に入って宮島SAでなっさんを降ろさないといけないから、下道の細い道とか頑張って通ったりしていくことに。

まりもカーで対応を協議した結果、
しゅぞ「宮島SAで会おう」
なーが「おう」

途中から車が別行動し、色々迷ったりしつつも、なんとか五日市ICから高速に乗ることができ、宮島SAに到着。
もう1台のまりもカーは先に着いてましたね。

宮島SAでわむとなっさんと別れた後、一路九工大へ。
途中3回?くらいSAに止まって休憩をはさみながら、安全運転で帰ってきました。

あっ
高速道路では全席シートベルト着用だからね!!ちゃんとやるんだよ!!!
忘れると、痛いよ。ホント。


3月4日
まさかのSAで日をまたぐという。
九工大に到着したのが午前3時前?

Trip 770.2km よく走ってくれました

まりもさんの家で一泊して、会費を精算して昼ごろ帰宅。
上の画像のTripに+60kmだから、家から計算したら830kmの長旅、お疲れ様でした。



さて。個人的な反省点をいくつか。

1.会費過多
ちょっと多くとりすぎましたね。返金という手間も増えてしまいました。

2.運転ルートや散策ルートをもっと吟味しとけばよかった
時間が押したりしてしまったのが何度かありました
僕も運転中に道を間違えたり(しかもUターンできないタイプの間違い)。
大和ミュージアムについても、どれぐらいの展示量があるのか事前に調べておくべきでした。

3.あせらない
色々とハプニングもありましたが、それを楽しめる心の余裕が欲しかった。



でもねでもね、色々焦り気味で行ったりスケジュール狂いまくったりしたけど、
密度が濃くてものすごく楽しかったし、得られるものもたくさんあったし、結果オーライということで。

何年か経ってから、またこのメンツで行きたいなあと思わされるような、楽しい旅行でした。



おしまい

0 件のコメント :

コメントを投稿