2013年9月20日

iPhone5をiOS7にアップデートしました

今回の記事はものすごく画像が多いですよ!
ロード長くなるかもしれないです。

日本時間の9月19日午前2時ごろにiOS7が解禁されました!
人柱気質なので、さっそくiPhone5をアプデしてみたので、感想やらスクショやらいろいろです。






そんなわけで。
OSの操作感などの感想は最後にもってきて、まずは一部分ごとに新しくなったデザインの個人的な感想を。
基本的に 左がiOS6 右がiOS7 です(クリックすると原寸大の画像が見れます)。



ホーム

いわゆるフラットデザインになったわけですが、僕はこれ結構好きです。
文句をつけるなら「写真」「設定」のアイコンくらいですかねー…。
写真とか何を表してるのかピンと来ないです。
あと、「メール」のアイコンだけ下からライトが当たっているような配色になっているのも気になります。
既存のアプリとのアイコンの親和性も、個人的にはあまり気にならなかったり。
Calender+だけちょっと浮いてますかね。



フォルダー

フォルダーのデザインも変わり、4x4まで見えてたのが3x3までしか見えないようになりました。
でもこのフォルダー1つに対してアプリ135個が放り込めるっていう。
フォルダーのデザインは昔の方が良かったかなーと。



Spotlight検索

前までホーム画面で左にスワイプして出てきてた検索機能はホーム画面を下に引っ張ることで出てきます
ちなみに「Webを検索」「Wikipediaで検索」は、廃止となりました。
デザインだけ言うなら、半透明キーボードなかなかカッコイイです。



マルチタスク機能

このマルチタスク機能のバージョンアップは素晴らしいです!
アプリの画面が見えるっていうのもまぁ、デザイン的には素晴らしいと思うんですけど。
前まではアイコン長押し→赤マーク連打っていう操作だったのが
アプリの画面を上にフリックするだけでOKになったのがとても嬉しい!
しかも、最大3つのアプリを同時に終了できます。



ロック画面

ロック画面もなかなかイカした感じになったな、と思いました。
前まで上下の黒いゾーンが邪魔でロック画面の壁紙に選べなかったような画像も
これだけスッキリするとOKそうです。
「スライドでロック解除」という文字が壁紙によっては見えにくいようです。
一番右の画像は、音楽再生中のロック画面になります。

新しいロック画面の上と下にある横棒は、
上が通知センター、下がコントロールセンターの取っ手?になっています。



通知センター

半透明デザインでちょっとクールになったわけですが…
天気予報の画像(月とか太陽の)がなくなったり、カレンダーが他の通知っぽく出てこないで組み込まれちゃってたりして、少し使い勝手が悪くなった印象です。
ただまぁ、日付が出てきてくれるのはうれしいです。



コントロールセンター

実装当時は「あぁ、すごくありたがい!」と思っていたのですが…
思いのほか、めったに活躍しません。
懐中電灯と、Wi-FiのON/OFFくらいかなー、とは思ってます。

あと、「ん」をフリックしてもでてきませんよ!もう直ってますよ!
ちなみに、アプリ起動中は出てこないようにする設定もあります。



カメラ

新しいカメラアプリは、左右にスワイプすることでビデオモードやパノラマモードに切り替えることができます。
ちなみに物凄い速い連写(バーストモード)はiPhone5Sのみの提供になります。



写真

写真は今まで通りの「アルバム」単位で見れる状態と、「いつ撮影したか」というまとまりで見れる状態が用意されました。
選択ボタンが左下から右上に移動したとこに注意。



ミュージック

こちら再生画面。黒から白に変わりました。
リピート、シャッフルなどの指定は画面下のところに変わりました。なぜ文字にした…?
文字やナビゲーションボタンはピンク色です。ちょっとサイケデリック。


楽曲選択画面はなぜか肥大化。
1画面に映るアルバムが4~5枚ってのはちょっと…。
「この曲どこだったっけー?」と探すとき少し注意しないと見落としそうです。


Cover Flowはタイル状になりました。これななかなか良いかも。
でもめったに横画面表示にしないんですけどねー。



App Store

App Storeもリニューアル。横スクロールじゃなくなりました!
あと、アプリの自動アップデート機能も備わりました。
これは設定でオン・オフを選べますので、ご自由にどうぞ。



設定

設定画面はなかなか好印象。
スイッチUIも別に分かりづらい風には思いませんでしたね。
あと、設定画面に限ったことではないですが、左端から右フリックで前画面に戻れます
いちいち左上のボタンを押さなくて済むので、片手持ちには助かります。


ソーシャルのあたりはFlickrVimeoが追加されました。


あとは、アプリケーションのフォントサイズを変えることができたり。
おそらくすべてのアプリで変わるわけではないと思います。
こういうのに対応した一部のアプリのみ、フォントサイズを触れるようです。



メモ



キーボードやフォントのデザインサンプルになるかと思って、いろいろやってみました。
「フラットデザインにして現実のものを模したデザインを排除した」とは言ったものの、
メモの紙っぽい質感がデザインに取り入れられています。なんか中途半端ね。

絵文字のブサイクさは変わりませんねー。



時計




スクショ貼りすぎですね… 僕がよく使うんで、4画面全部比較したかったのです。
機能はなにも変わっていません。ちょっとデザインが小奇麗になった感じです。



電話

なかなか良い印象。さっきの時計もそうだけど、iOS7は丸ボタンで攻めるのですね。
発信ボタンがスワイプだったらよかったのになー、とか。



その他のアップル自家製アプリたち

僕の中では「いらない子」たちです。だって他のアプリの方が使い勝手が(ry
アップル謹製アプリなので、全部アイコンが変わっています。
さらに!あの憎き「Newsstand」がフォルダーの中に入るようになりました!
あと、「FaceTime」が増えました。

アイコンデザインに関しては、「Safari」と「Game Center」以外は好きです。
Game Centerとか特に、もう何を表したいのかよく分かってない状況。



カレンダー


なんと…月、日の表示選択ができなくなりました…。
その日の予定を見るためには、日の表示形式の状態でしか予定を確認できないです。

左から2番目、左上の< Septemberを押すと、月表示(2段目左)に。
さらに< 2013を押すと、年表示(2段目右)に。
いやー、たぶんこのアプリに戻ってくることは無いでしょうね。



天気

天気アプリはとてもいい感じになりました。かなりシャレオツ。
天気予報のデータは変わらずYahoo!からの取得になります。
この華奢な感じの日本語フォントが大好物です。



株価

ほとんど使ったことはないですが、とりあえず。
以前よりスッキリした印象を受けます。



コンパス

今年の恵方を知るとき以外使ったことがないコンパスさん。
今回はiPhone本体の水平を測ることもできます(右画像の中央あたり)。
株価と同じく、ダークで引き締まった感じに見えますね。


ボイスメモ

アナログな感じからデジタルな感じに様変わりです。
地味にVUメーター好きだったんだけどなー…
ツール関連は全アプリで黒っぽい感じでまとめてるんですね。



リマインダー

またしても若干紙っぽい質感を残しています。
ところどころデザインに一貫性が無いというか。
あまり使わないので機能的な変化は分かりませんでした。



メッセージ

吹き出しのツルンとした透明感が消え、ただの吹き出しになりました。
これだけ背景が白いとちょっと目が疲れそうです。



マップ

マップデータそのものに大きな変化は見られませんでした。
地域によっては若干違うのかな…?
下にツールバーが付いたことで、若干操作性がアップしたかと。



Safari

Safariいつもプライベートモードで使ってたので、そのまま。
なので枠が黒いです。
検索枠とURL枠が別になっていたものが統合されましたね。


タブ切り替え画面はこちら。新しい方はなんだかリッチですね。
ちなみにiOS7のSafariはタブ切り替え画面のとこでプライベートモードと普通のモードを切り替えられます。


あとこんなのが増えてました。共有リンク
TwitterのTL上で、URLがついてるツイートだけ出てくるようです(おそらくFacebookも?)。
これ選択すると、SafariでそのURLにアクセスできるというわけ。



Siri

いよいよパブリックベータを経て、正式版になったSiriさん。
通知センターっぽく、背景を透過するようになっています。

再生音声は、相変わらず音痴でしたねー。



その他

LINEはちゃんと通知来てますよー。
ただし、トーク画面からトーク一覧に戻った時に、スクロール位置が記憶されない不具合があるようです。
トーク画面(最新のとこ)
→ トーク一覧に戻る
→ トーク画面(最新のとこじゃなくて、日の始まりのとこになってる)


それから、すべてのアプリであのキレイなキーパッドが使えるわけではありません。
ほとんどのアプリでは、昔と同じグレー色のキーパッドがでてきます。


あと、縦長画面に合わせるのを諦めたアプリも、ちゃんと動くようです。
まぁ…動かないと大問題になりかねないですよねー。



操作性の感想

いたって普通に使えます。重いとか、そういうことは全然ないです。
操作が以前のものからすごく変わったことというのも、そんなに多いわけではないですし。
人柱気分でいったけど、ちょっと肩すかし喰らった感じです。

アニメーションがとても使われていて、以前みたいにパッパ動かないな、と感じるかもしれません。
それもそのうち慣れました。


※視差効果(ホーム画面で本体傾けると壁紙も動くってやつ)を切る設定は
設定 → 一般 → アクセシビリティ → 視差効果を減らす をONにする


操作性に関しては確実に向上していると思われるので、デザインが気に入らない方を省いて、アップデートしてもいいんじゃないかなーって思います。



そんな感じで。
iOS6をiPhone4に入れたときの記事みたいにディスった記事になるかなーと思ってたんですが。
(個人的にフラットデザインが好きなこともあって)僕の中ではかなり高評価です。


また数か月間使ってたら不便な点も見えてくると思うので、その時はまた記事にしようかと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿