2012年10月26日

phpとMySQLでコネコネ

コネコネして何か作るお話。

その前に余談なんですが、
前の記事「iPhone4をiOS6にアプデしたった」がなんと2800overを記録しており、
ついさっきそれに気づいて文鎮と化したiPhoneを握っています。

なんかiPhone5に機種変するなら下取りしてくれるらしいじゃないですか。
レアアースか何か取るんですかね? なんにせよサクッと売り払いたい所です。
…あ、アプリ制作者の方はiPhone4の動作テストしたかったら売りますよこれ。


さて余談は終わって。
僕、実は某委員会で広報の役目を担っております。
ちょっと宣伝するならこれね
http://kit-festival.jp/
声優さんが来てくださります。歓喜。

さて、PC版のページは全部HTMLとCSSで書いちゃいました。
ガリガリやりました。最高の友Notepad++とともに。
素材も一から自分で準備。
ただ、今までphpとかを使って動的にページを生成する技術は使ったことありませんでした。

「えー、だってメンドクチャイ」
というのが実情。

それを何がトチ狂ったか、急に何かの創作意欲がわきました。
ぶつける先が無かったので、コネコネしてみたわけですね。


今回作ったのは、モバイル向けのページ。
ガラケーで一番ネックなのは大きなコンテンツが見れないことです。
「結構前からこれ使ってるんだよね~」なんて人はなおのこと。

以前ガラケーを使っていた身としましては、ロード中でケータイが固まるのが許せませんでした。
「うわ、重いページ踏んだわ。あー最悪。」
みたいな感じにね。


こういう委員会のページにはそれがわりと出てきます。
たとえば「タイムスケジュール」
どこで何の企画がやってます、みたいなやつ。
あと「バス時刻表」
無料の臨時バスが出るから、それの時刻表。

これを、HTMLで一つの表にまとめるのは非常に簡単です。
ただただ、労力が必要なだけ。
でもそうするとページが重くなる。

カッコイイ、COOLなやり方を考えた結果、
「なんの情報が知りたいのか」にスポットを当てることに。
つまり、そういうスケジュール系を見る人は
「ある時間で対象がどうなっているかが知りたい」わけですよね。
で、時間で一番多いのは「今」もしくは「すごく近い未来」かと思うわけです。


というわけで。
アクセスすると
「今やってる企画」
「時間的に近い臨時バス3本」
を表示するページを作ってみました。
名付けて「Live Information Center」
なんという恥ずかしいネーミングセンス。
たった今赤文字にしながら赤面しています。
「生中継でお伝えします」なイメージですね。略してLIC


これでガラケー勢は知りたい内容を最小のロード時間で見れるはず。きっと。


さて、こういう動的ページには管理ページがつきものかと思いまして。
いや実は前作があってですね。とある企画で用いる投票フォーム。
その管理画面には、投票の受付/締め切りの切り替えボタン
それから集計ボタンがあります。


今回のLICの管理画面には

  • 企画DB追加フォーム
  • 臨時バスDB追加フォーム
  • LIC起動/シャットダウン
  • エターナルフォースブリザード
  • ファイナル・タクティクス・ハイド

を実装しました。

各人キニナル単語はGoogle大先生に聞きましょう。良い答えが返ってきそうです。


前回の投票フォームで苦戦した文字コード。
PC版HPは昨年の反省から全てUTF-8で記述されていましたが…
投票フォーム並びにLICShift-JISを使っています。

なんか知らないけど、テーブルの文字コードが変わってくれない。
ALTER使うところまでは行き着いたけど、やる気起きなかった。


とまぁ、最近このブログ更新してなかったから、記事投下ということで、ひとつ。
次回はiPhoneブラウザで最近人気が出始めてるLibingの記事でも書こうかと思います。
そしたらお小遣い貰えるんですよ。嘘ですよ。


0 件のコメント :

コメントを投稿