2012年7月31日

ムーブのオイル交換したった

エンジンオイルの交換とか、今まではディーラーさんにまかせっきりだったわけですが。
メーター増設とか、タイヤ交換とかやっていくうちに色々「自分でやってみたい」欲が出るわけです。
DIYにあたるのかな?

というわけで、今回はエンジンオイルの交換に挑戦したのです。
前回の交換後おおよそ5000キロ走ってたのでオイル交換時期でしたし。

もう見慣れましたかね、えぇ

エンジンオイル交換にあたって何が大変だったかって、
このエンジン冷まし
いや、ただ放置するだけなんですよ。
エンジン冷やして、オイル抜いたときに火傷しないようにね。
この何もしない時間が苦痛で仕方が無い

実は50分くらい放置したのにまだ熱が残ってて廃油熱かったとか
まぁその辺はカットして。
いつかの僕に向けて覚書としてやり方を残していきますね。


まず前方をジャッキアップ。当たり前ですね。
これそんなにあげる必要は無いです。あとで見せる「廃油処理ボックス」みたいなのが車体下に入る程度でいい。


はい次。オイルと廃油処理ボックスの準備。
それがこれ。

安いっすねー

廃油処理ボックスが200円か300円くらい。エンジンオイルは1200円くらい。

ここでエンジンオイルの仕様を。
Castrol GTX
SL 10W-30

SLってのがオイルのグレード?みたいなもんで
10Wが低温時の性能。
30が高温時の性能。
いたって普通なエンジンオイルってことです。

MOVE UA-L900Sのサービスデータを参照すると、エンジンオイルは5W-30だったそうで。
まぁ新車時のエンジンオイルの値なんてのは参考にならんですよ。
しかも夏だし、ちょっと粘度高めのオイルでいいのです。


さて、いよいよオイル交換。
まずはボンネットを開けて、オイル入れる口の蓋をあけます。

たしかキャップにOILとか書いてたはず

見りゃ分かるってね。
んで写真左下のオイルゲージ(黄色のやつ)も外しときましょ(任意)

その次に、車体下へ。
オイルドレンボルトを外します。

何かっていうと、このボルトがオイル入ってる容器の栓をしてるんですね。
で、下についてるこのボルトを外すとエンジンオイルが出てくるわけです。
場所はここ。

使いまわしー

この赤枠のあたりから車体下を覗くと、車体中央?にパイプっぽいのが通ってるんですね。
で、その左側の出っ張りみたいなところにオイルドレンボルトはあります。
雰囲気は下図参照。

ダバー

写真右上に写ってるのが車体中央にあるパイプ。
その左側の謎の出っ張りからオイルが出てるの、分かりますよね?


ボルトを外す手順
その1、最初はめっちゃ硬いから頑張る。
その2、動き出したら、上方向に力を加えながらボルトを回していく。
その3、もうボルトが機能してないなって分かったら、すばやくボルトを抜き去る

その2と3について。
ボルトが外れたらオイルが一気に出るわけですよね。
ボルト緩めたら周りからオイル出始めますよね。
それって凄く熱いですよね。恐らく。
だから、ボルトを外す方向に回しながらオイルタンク?の方向に向けて力を加える事で栓してるわけです。
これでボルトが完全に外れてもオイルは出てきません。
その後、すばやくボルトを抜き去れば(廃油処理ボックスに落としても良いよ)オイルが抜けます。

これ言葉で説明しづらいなー。誰かできる人と一緒にやるべきだわ。
あ、ちゃんと廃油処理ボックスをセットして、ボルトを外してくださいね。


で、オイルが抜けるまでボーっとする。


オイルが抜けたら、次はオイルを入れましょう。

僕の場合、まずボルトを廃油処理ボックスから救出。
次にそれをパーツクリーナーできれいにする。

で、ボルトを締める。
まぁ外したときの感覚と同じくらいの力で締めれば問題ないんじゃないですかね。
感で。漏れない程度にきつく。未来の僕が苦しくない程度の力で。


その次に、エンジンにあるオイルを入れる口からオイルを注ぎ込みます。
このMOVEは2Lのオイルが入ります。
もうちょっと入るかもだけど、今回はそれくらいで十分。
オイルフィルターも交換したなら、ちょっと大目の2.3Lくらい。

ジョウロ?に入れてエンジンに注ぎ込むのです


エンジンオイルを入れるときの手順
その1、ジャッキは下ろしましょ
その2、エンジンオイル入れましょ
その3、オイルゲージで適正量入っているかどうかチェック

ジャッキを下ろすのは、オイルゲージで正確にオイルの量を測るためです。
MOVEの場合、オイルゲージにLとFってありますよね。
あのラインの間に入ってれば大丈夫でしょう。
僕は真ん中くらいでF寄りでした。


さ、そろそろ最終工程。
エンジン暖気して、オイルが減ってないかチェック。

エンジンかけっぱなしのアイドリング状態でエンジン温まるまで放置。
温まったら、エンジン切ってオイルゲージで残量チェック。
適正量あればOK
無かったら継ぎ足しで入れればいいんじゃないかな。


そんな感じでエンジンオイル交換やってきました。
なんとなくスムーズになったなーって。
吹け上がりもよくなったなーって。
走行距離も12万キロ超えたし、次は3000キロを目処に交換しようかなーって。


あ、エンジンオイルの選び方なんですけどね。
僕は適当に有名そうなメーカーで無難な粘度を選んだわけですが、まぁ色々あるみたいで。
エンジンオイル 選び方とかでGoogle検索してみてください。

あと、新しいオイルのグレードでSMってのがあります。
検索したサイトだとSMについてあまり良い評判が書かれてないんですけど
まぁ新しいものが叩かれるのは世の常ですし、半分本気程度で読むといいかもです。


ではではー。

0 件のコメント :

コメントを投稿