2012年3月9日

気温計とフットライト付けた

少ない小遣いをやりくり(むしろオーバー気味)しながら、愛車のパーツを買う。

そう長くない車なんだけどねー、いじりたい衝動に駆られるというか。
以前の記事で電圧計アナログ時計を付けて、
今回は気温計フットライトです。そのためにシガーソケットも増やしたり。

ホントはアナログがよかったんだけどなー

時計と一体型とかが多い中、気温計のみを見つけてしまって衝動買い。
シガーソケットから電源を取り、写真上部に見えるセンサーを車内と車外に貼るだけでOK。

これを取り付ける前に、三つ又のシガーソケットを取り付け。
シガーソケットごときがLEDでピカピカしてると嫌だからシンプルなやつで。

わりと良い位置?

車内センサーは、純正のオートエアコンの温度センサーとおおよそ同じ位置に。
車外センサーはドアとボディーの隙間に。

配線隠しとかしなきゃなー。モロ見えはダサい。

で、本体はメーターパネル前に。
サイドブレーキのランプとか、エアーバッグのランプとかが一応見えるようにはしたけど…

ホワイトLED。ちょっとムラがあるみたい。

で、フットライト。
説明書に「初期不良ないか検査してみてね!」って書いてあったからやってみたら…

配線細いしグチャグチャしててイライラしてた

「LEDのユニット1つ死んでるやん!!」
いくらしたと思ってんだよ!!

死んでるLEDユニットのコードをちょっと引っ張ったら点滅して、ああ、これは断線…

断線かよ!!!!!

ったく…
その説明書には「つかない場合は<故障かな?>を参照」と書いてある。

故障じゃねぇよ!!!初期不良!!!!!

とは言っても、初期不良でその企業様に郵送するのも怠いから、とりあえずそこだけ分解。
コードの断線か、LEDへのハンダ付け不良なのか、はて。

ちょっとずさんに見えるんだけど…?

で、このユニットを引き出す時点でコードが切れた(僕の不注意)。
初期不良ですら無くなった。ああもう…。

ここは後日直すとして、残り3つのうち2つのLEDユニットを使って、運転席と助手席にだけフットライトをつけようかと。
このフットライトは、ドアにセンサーを付けて、ドア開けたら白LEDでウェルカムライト、エンジン始動時は青LEDつきっぱなし、というもの。

というわけで、センサーやLEDの配線と本体の敷設。

本体はベンチシートの間に。

ウェルカムライト用の常時電源は以前、電圧計を付けた時に伸ばした線から取る。
ドアセンサーやLEDユニットの配線はフロアマットの下に隠した(雑)。

雑すぎワロタwwwでも見えないからいいの

LEDユニットは座ってる人からな見えないようにちょっと奥にやって、ドアセンサーもあまり目立たないように下の方に。
このセンサー、説明書ではオモテ面同士をくっつけろという書き方だけど、垂直でも認識してくれるみたい。2センチくらい離しても大丈夫。

縦横統一してなくて見栄えが…

という感じで作業終わり。
夜見ると、ウェルカムライトはなかなか良い感じ。白ってのが少し惜しい。
運転中の青色LEDは明らかにDQN車って感じwwwこれはないwwwww
でもネタには面白いかもなー。
フェードアウトして消える効果もなかなか良い。

初期不良さえなければいい買い物だったのになー、なんて。
でも助手席と運転席付けただけで満足してる自分がいるw

ちなみに全て込みで7000円くらいした(白目)。




おわり。

0 件のコメント :

コメントを投稿